鋼の錬金術師 DVD-BOXが発売後数日で4割以上値下げ

2009年04月05日からリメイク版が放送されることになっている"鋼の錬金術師"。それを記念して、前作TVシリーズ51話と劇場版"シャンバラを征く者"を収録したDVD-BOXが、2009年01月28日に68,250円で発売されました。劇場版はBlu-ray Discもセットになっています。その豪華なDVD-BOXが、発売後数日で何と4割以上も値下げされていました。

鋼の錬金術師 BOX SET-ARCHIVES- 【完全予約生産限定】 [DVD] (amazon.co.jp)

DVD-BOXにはTV版と劇場版映像の他に、全楽曲を網羅したサントラとキャラクターソングCDが7枚、特典映像を収めたDVD1枚も同梱。更には物語を補完するブックレットやイベント限定グッズ等も封入されています。ハガレンの全てが詰まっていると言っても過言ではありません。

このボリューム感にも関わらず、半値近くも値下げされる要因は何なのでしょう。世界的な景気後退真っ只中での発売で、誰も買う余裕がなくなったのかもしれません。もしくは、TVシリーズのBlu-ray版も出るだろうと、買い控えが起こったとも考えられます。確かにこれから買うならBlu-rayが望ましいでしょうけど、ケースバイケースだと思います。鋼の錬金術師TVシリーズ放映時は、比率4:3のスタンダード放送のアニメが主流でした。現在のようなハイビジョン放送を意識したものではないので、DVD画質でも十分楽しめます。Blu-ray Disc版が出たとしても画質的には大差ないでしょう。むしろ、Blu-rayと言うだけで高値で販売されそうな予感がします。

アニメ版ハガレンファンであるならば、大幅値引きされた今こそ、DVDを一気に揃える千載一遇のチャンスではないでしょうか。