「Blender」タグアーカイブ

Blender使用のムービー、Big Buck Bunny公開される

オープンソースの3DソフトBlenderで製作されたムービーBig Buck Bunnyが、去る5月30日に一般公開されました。オンラインで視聴できます。公式サイトにはハイビジョン画質のファイルも用意されており、クリエイティブコモンズのライセンスを条件に、誰でもダウンロード可能です。

Big Buck Bunny (公式)

この映像で表現されていることは全てBlenderで可能なこと。慣れないユーザインターフェースに挫折する人も多いですが、これをお手本に再び触ってみてはいかがでしょうか?幸いにもBig Buck Bunnyの素材ファイルが全て配布されております。各シーンを解剖して、その技術を吸収しましょう。

素材ファイルはこちらから:Big Buck Bunny Production Files (Graphicall.org)

Blender2.46にはクロースシミュレーションが実装!?

Short Cloth Demo (BlenderNation.com)

Blender2.46 RC1のクロースシミュレーションのショートデモが、BlenderNaationの記事に挙がっていました。

滑らかな動きに息を呑みます。公式版リリースまで、まだ期間はありますが、期待が膨らみますね。レンダリング速度がどれくらいなのか気になります。

irrBlend、Blender用Irrlichtファイルエクスポーター

irrBlend Logo

irrBlend (Google Code)

irrBlendフォーラム(Irrlichtフォーラム)

irrBlend - Blender to Irrlicht exporter (Irrlicht3d.org)

Blenderのシーンファイルやノードデータを、Irrlicht独自形式のシーン(.irr)とメッシュ(.irrmesh)に変換するエクスポーターirrBlendが、4月1日にVer.0.2βとなりました。エイプリルフールネタかと思いきや、どうやら本格的に期待できそうなプロジェクトのようです。

irrBlend Blender to Irrlicht exporter

実装済機能

  • BlenderシーンデータをIrrlicht独自形式のシーンフォーマット(.irr)へ出力
  • BlenderメッシュデータをIrrlicht独自形式のメッシュフォーマット(.irrmesh)へ出力
  • BlenderのLogicプロパティをIrrlichtシーンのUserDataとして出力
  • Lamp、Mesh、Camera、Emptyオブジェクトを出力
  • ゲームエンジンマテリアルと対応するUVデータを出力
  • Blenderが生成したLightmapとBakedマテリアルを出力
  • オブジェクトの親子関係と変形情報を出力
  • 両面テクスチャ、透明度、面毎のライティングを指定可能
  • オプションとして、UVイメージをユーザの指定した場所に望みのフォーマットでコピー可能
  • BlenderとIrrlichtの座標系を自動変換
  • オプションで、Irrlichtにエクスポートした後、直ちにシーンのwalk testが可能

Pythonスクリプトとして公開されているため、環境さえ整えればx32/x64双方で動作させることが出来るかと思われます。ただし、まだ、アニメーションには未対応です。