【城崎絵美】立体マウスパッドの感触【鉄のラインバレル】

何を間違えたのか、立体マウスパッドを購入してしまいました。鉄のラインバレル 城崎絵美 立体マウスパッドです。

ナニに使えばいいのやら、この複雑な想いをレビューにして皆様にお届けします。

発売日当日、アマゾンからノートPCも入れられそうな大きな小包が届きました。小包なのに大きいって矛盾していますよね。開封前から購入した事を後悔しそうになりました。

アマゾンから届いた巨大な荷物

箱から取り出すとA4ノートサイズのパッケージが出てきました。控えめに抑えられた紫色の包装が、これから訪れる至福のひと時を約束してくれるような期待感を醸し出しています。この程度なら、店頭で購入しても恥ずかしく無さそうです。例え店員が、微笑みながら両手を掴んでお釣りを渡してくれる美しいお姉さんだとしても、堂々としていられますね。

店頭で購入しても恥ずかしくないパッケージ

店頭での購入は恥ずかしくて悶絶してしまう。でも、通販だとデリケートな部分が輸送時に破損しないか心配。そんなシャイボーイにも朗報。上中下のブリスター3姉妹があらゆる衝撃をしっかりガード。多い揺れの日だって安心。500g以上あるのにずれません。これでもかってくらい厳重に梱包されています。

厳重に梱包されているマウスパッド

一皮向くと、眩いばかりに光り輝く膨らみが顔を出します。パックリと大胆に開放された双丘のファスナーが見る者を惹きつけるデザイン。潤んだ瞳と艶っぽい唇は言うに及ばず、両手を上げたことにより多めに浮き出た鎖骨も賞賛に値します。胸の大小よりも鎖骨が命、と言う奇特な人のニーズにも応えてくれました。いい仕事してますね。サイズは高さ270mm、幅230mmです。

大きな胸の谷間に目が釘付け

このマウスパッド、本来はパームレストの谷間に腕を挟み込むようして使います。表面は滑りの良いスベスベした素材を採用。マウスの動きが妨げられることもありません。レーザーマウスの感度も良好です。パームレスト部分は縦横に伸縮するので、どんな激しい歪みにも対応します。余談ですが、撮影のために小倉久寛級の腕毛を処理しておきました。Paint.NETでノイズ除去しただけですけどね。

腕を置くと手首がジャストフィット

それでは、どのような作りになっているのか、断面紳士も気になる部分を紹介します。素材は上から順にスパンテックス、ウレタン、PVCラバー。パームレスト部分は恐らくPVジェルかシリコン。全て併せると4層構造になっています。マウスパッドの中では豪華な部類。表面のスパンテックスは水着やタイツに使われており、伸縮性に優れています。その代わり、生地の目に手垢が詰まると洗うのに苦労するかもしれません。また、ウレタンには、濃密な独特の甘い香りがあります。開封したばかりだと匂いが部屋に充満したり手に感染ったりしますので換気を忘れずに。

マウスパッドには贅沢な4層構造

お待ちかね身体測定。バストの直径は95mm。カップ・サイズは35mm。手のひらを乗せると丁度良い大きさです。

直径は90mmカップ・サイズは35mm

肝心の弾力は生身のお尻より少し硬い程度。小さめのジーンズにみっちりと詰まったお尻を揉んだときのようです。春先になって増えるリクルートスーツに包まれた豊満なバストを想像してくれても構いません。揉み応え十分です。

柔らか過ぎず硬過ぎない張りのある弾力横から見るとプニプニ感が一目瞭然

画像だけでは、いまいち全てを伝えきれません。そこで、動画もアップしてみました。百聞は一見にしかず。動いているほうが理解しやすいでしょう。

【城崎絵美】立体マウスパッドの感触【鉄のラインバレル】 (Youtube.com)

立体マウスパッドは決して色物ではありません。パームレストとして腕の疲れを癒し、お望みなら寂しい夜も慰めてくれます。周囲の目さえ気にしなければ、日本のヲタク文化が誇る最高のPCアクセサリーではないでしょうか。