「DIY」タグアーカイブ

【DIY】画像で見る換気扇の交換方法【大掃除のついでに】

年末の大掃除シーズン。台所の換気扇に注目してみて下さい。油にまみれてギトギトになっていませんか?長年使い続け、油汚れで手に負えないのであれば、思い切って交換してみましょう。ここでは換気扇を自分で交換する方法を紹介します。力は必要ないため、体力に自信のない方でも一人で取り替えられるかと思います。この交換方法をマスターすれば、今後の換気扇掃除も楽になります。

以後、油汚れ写真が続きます。モノクロ画像にしてありますが、食事中等は控えたほうがいいかもしれません。

次の写真は交換前の状態。まずはコンセントを抜きます。解体中にスイッチが入ったり感電すると危険なので必ず行ってください。

交換前の換気扇

次に、換気扇のカバーを外します。これは少し力をこめて手前に引っ張ればスルッと取れます。ただ被さっているだけで、ネジで固定はされていません。しかし、稀にカバーの内側に落下防止のための爪が設けてあり、外れにくいことがあります。そんなときは、マイナスドライバーをカバーと壁の隙間に差し入れて、てこの原理で手前に押し上げましょう。コツは、一箇所だけを攻めるのではなく、換気扇の外周を満遍なくこじって、壁とカバーの隙間を少しずつ広げていくことです。

外した換気扇カバー

カバーが外れたら、スピンナー(ファンキャップ)と羽根を取り除きます。羽根を手で押さえながら、スピンナーを反時計回りに回せば緩みます。ファンは手前に引いてシャフトから外してください。これで、残るは換気扇本体だけとなりました。

羽根とスピンナーの外し方

本体は上部二箇所を蝶ネジで固定されています。緩めるには、蝶の形をしたネジ頭を、指先で反時計回りに捻ります。固いときはペンチで挟んで、徐々に捻っていってください。このとき注意して欲しいのが緩める方向。縦に挿さっているのが災いしてか、間違えて逆方向にネジを回し、きつく締めてしまうことがあります。蝶ネジを締めすぎると、家の壁を傷めてしまうので気をつけてください。

蝶ネジの場所

さて、古い換気扇が取り除かれ、壁に穴が開きました。穴は木枠で補強されています。これは取らずに、そのまま使いまわしてください。汚れているようなら綺麗にしておくのもいいでしょう。ただし、木枠は軟らかく傷つきやすいため、くれぐれも金たわしやクレンザーで磨かないでください。防腐剤等が剥がれ落ちて耐久性が減ってしまいます。

換気扇用の穴

いよいよ、ここに新しい換気扇をはめ込みます。取り外した換気扇と同じサイズのものをホームセンターや電気屋で購入してきて下さい。換気扇のサイズは、ファンの直径を基準に選びます。枠のサイズを基準にしがちですが、そちらは気にしなくても構いません。規格で統一されているようです。お値段は3000~6000円くらい。

新しい換気扇本体をはめ込み、上部を蝶ネジで固定してください。このとき、締めすぎてしまうと先述のように木枠を傷めてしまいます。めり込まないよう、抵抗を感じたら締めるのを止めましょう。丁度、押入れに突っ張り棒を設置するようなイメージです。換気扇を揺すってみて動かないようであればOK。

締めすぎた蝶ネジの跡蝶ネジで本体を固定

次は配線の取り回しです。台所は火や熱、湿気が多いところ。コードがブラブラと垂れ下がっていると、火災の原因になり危ないです。長さを調節して、余った部分を換気扇の枠に収めましょう。コードは急激に捻ったり折り曲げたりすると断線します。無理に力をかけず、ゆっくり癖をつけるような感じで取り回していきます。

配線の取り回し

羽根をシャフトに挿します。軸受けと羽根の溝が合わさるようにはめてください。溝がずれていると、使用中に羽根が脱落してしまいます。

シャフトに羽根を挿入

羽根を押さえながらスピンナー(ファンキャップ)を取り付け、時計回りに締めます。

スピンナーで羽根を固定

ここで一度コンセントを挿して動作テストをしましょう。問題なく動くようなら、最後にカバーを被せます。コードを挟み込まないように注意。

換気扇カバーの装着コードはカバー横の穴から出す

以上で交換が終わりました。我が家では更にフィルターを取り付けました。これで換気扇自体が汚れる可能性が軽減されます。既に1ヶ月使っていますがファンは綺麗なまま。代わりにフィルターが褐色がかってきました。毎日使うなら交換目安は約3ヶ月だそうです。

換気扇フィルター

ハロウィンのジャック・オー・ランタンを作ってみた

ハロウィン用カボチャを買ったので、ジャック・オー・ランタンを作ってみました。用意したカボチャは、売り場の隅っこにひっそりと転がっていた、小ぶりの100円物。この中に1つだけ妙に惹かれる形のものがありました。よく見かけるツルリとした表面ではなく、グロテスクなコブがボコボコと浮いていたのです。お化けに相応しい面白い品種ですよね。ここ数年は日本でもハロウィンイベントが広まりつつあり、ホームセンターでもハロウィン用カボチャを手に入れることができます。

では、くり抜き開始。工具は小学生が木工で扱う汎用小刀を使いました。なぜ小刀を選んだかと言うと、掌と親指で柄をしっかり握れ、刃先の力加減を細かく調節出来るためです。カボチャの硬い皮を削っても怪我をする恐れが減ります。包丁では刃渡りが広く扱いにくいですし、彫刻刀の切り出しでは刃先が短い。一見最適と思えるカッターは、長く伸ばして使うと刃が折れ飛ぶ危険性があります。刃物選びは慎重に行いましょう。

まずは、種をかき出す為に下に丸い穴を開けます。底蓋は後で蝋燭を立てる燭台とするので、原形を留めたまま綺麗に切り取ってください。一気にくり抜こうとせず、輪郭に沿って何回も刃先を突き刺し、徐々に切れ目を繋げていくと上手く行きます。最初の工程で力加減が解らないでしょうが、力いっぱい突き刺さないでください。反対側まで貫通しかねません。ハロウィンのカボチャは中身がリンゴのようにサクサクだからです。皮は多少硬いですが、日本で食用に売られている品種よりも軟らかいです。

底蓋が外れそうなくらい緩んできたら、蓋の隙間から刃先を斜めに入れて中の種を切り離し、蓋を取ります。そして、スプーンでひたすら種をかき出してください。かき出す場所は濡れても良い場所を選びましょう。ハロウィンカボチャは汁気が多いからです。種を取り終わったら綺麗に洗って臭いを取り除いておいてください。

そして、メインとなる目、鼻、口のくり抜き。表情に影響する大切な部分ですので、細かく範囲を区切ってくり抜くこと。例えば、目や鼻であれば、それぞれの中心から徐々に穴を広げていく感じです。とにかく、焦らず、少しずつ削っていくのが完成への近道となります。

小学生以上のお子さんがいらっしゃるご家庭なら、刃物の扱い方を学ぶいい機会ですから、ぜひ親子で楽しんでみてください。

トレースボックスの自作

絵描き向けの話題です。

紙に描いた下絵をクリンナップするとき、下からライトを当て透かしながら作業出来る台が存在します。トレースボックスやライトボックスと言われる物で、写真家やアニメーター、漫画家が良く使っています。

このトレースボックス、昔は蛍光管が入った厚みのあるボックス型が主流でした。しかし、現在は技術の進歩と日本の狭い住宅事情が相まって、薄型が流行っています。この薄型のタイプはトレースシートやライトボードと呼ばれており、LEDライトが使われています。大きさも厚みも画板と同程度なので、置き場所を取らないと言うメリットがあります。ですが、その薄さ故に見過ごせないデメリットも存在します。ライトが一体化しているため、寿命が来ても交換出来ません。そのため、コストパフォーマンスが悪く高額です。

そこで、旧来の蛍光管入りトレースボックスの購入を検討してみるのですが、満足の行く性能の物は普及価格帯には存在しません。どれも1万円を超えてしまうので、ホビーユースでは躊躇してしまいます。

では、自作はどうでしょうか?蛍光管と木材、配線をホームセンターで購入し、DIYしてしまった方がおりました。しかも、それなりに薄型です。

大改造!劇的ビホー→アクター 2 薄型トレースボックスの製作 (リンク切れ)

なんと、材料費は5000円以内、既製品の半額以下です。「本当に出来るの!?」と思われるかもしれませんが、構造が単純なので根気さえあればいけそうです。木材やスチール板で腕を乗せても耐えられる箱を作り、内部に蛍光管を仕込むだけですから。ただし、失敗したり途中で投げ出してしまったら、金銭的損失は大きいです。面倒くさいのが嫌いな方は素直に既製品を購入したほうがいいでしょう。