「ハードウェア」タグアーカイブ

PCトレンドメモ2008Q1-スペックとパーツ選び

10年以上使い続けたCRTモニターが壊れたのを機にPCを新調しました。電源やHDD、ファンが弱ってきていたのでいい機会です。以下、買うときに調べた最近のトレンド構成を記しておきます。基準はコストパフォーマンスが高い5年先まで安心して使えるPCです。

CPUは波に乗っているINTEL製。4コアか2コアで悩むところですが、それほど並列処理するつもりはなかったので、1コアあたりのクロック数が高い2コアを選びました。1月20日に発売されたばかりの45nmステッピングC2D E8400です。動作クロックが3GHzあり、シングルコアアプリケーションを動かすには申し分ないスペックです。

GPUはnVidia一択。AMD(旧ATI)は製品とドライバ性能が不振続きだったので見送りました。選んだのは、コストパフォーマンスに優れていているGeForce8800GT。ただし、リファレンスファンは冷えないという情報があったのでオリジナルファン搭載品にしました。

マザーボードはINTEL P35とX38チップセットを候補に選出。しかし、X38にはチップセット自体に致命的なバグがある様子。そこでP35にしました。残念なことはP35はPCI-e2.0に対応していないため、GPUの性能を十分に発揮できないところ。ちなみに、「LGA775ソケット対応CPUを持っていない場合はBIOSが新CPUを認識しない」という噂が流れていたため、公式に対応を謳っているものを選びました。

電源は品質に定評のあるENERMAXにしたいところです。しかし、価格が高いのでグレードを少し下げてエバーグリーンのSilentKing αを選択。静音仕様の巨大14cmファンが特徴の製品です。 電源容量は余裕を見て500Wを選びました。今考えてみると一ランク上の550Wでも良かったかもしれません。PCの安定動作に必要な電源容量は電源容量☆皮残量☆計算機。で算出しました。

メモリはデュアルチャンネル検査済2枚組を2セット、JEDEC準拠のものを購入。DDR2-800(PC2-6400)2GBが合計4枚で8GBです。DDR3はまだまだ高値であり、Windows Vista需要で供給過多なDDR2が狙い目です。

ケースはAntecのNine Hundred。CPUやマザーボードが省電力になってきたのにも拘らずVGAは相当な熱を孕みます。ケチらずにエアフローのしっかりしたものを選ぶことが重要です。

OSはWindows VISTA Home Premium x64。4GB以上のメモリを活用させるためには64bit OSが必要になります。発売後1年を過ぎ、動作も安定してきたので使ってみることにしました。注意点は10年以上昔の16bitアプリケーションや特殊ドライバを使ったソフトは動かない事。特別な理由がない限り代替ソフトへの変更も視野に入れるといいでしょう。

さて、1月20日に開かれた新CPU発売イベントに私も行っておりました。長蛇の列が出来ているショップもあり注目度が窺い知れます。どこも御祝儀価格で高めだったのですが、特価品やイベントを考慮すると満足できる範囲でした。この日、私は声優の古谷徹さんのサイン入りゲーム、モンスターハンター フロンティア オンラインを頂いて帰りました。思いもよらぬサプライズ!ありがとうございました。

45nm Core 2 Duoが深夜0時の販売解禁、秋葉原がお祭り騒ぎに(マイコミジャーナル)

“ぴったりサイズ”で好評だった新型Core 2 Duoの深夜販売 (1/2) (IT Media)

コンスコン、スメラギさん、狼と自転車、ハイタッチお姉さん、超大盤振る舞い… 45nm版Core 2 Duo深夜販売各ショップレポート!(アキバ総研)

OSシェア10月版、Windows98の亡霊

毎月発表されるNET APPLICATIONS社のOSシェア。個人的に気になったので最新の10月分を調べてみました。

O/S Share by NET APPLICATIONS (2007年10月)

OSシェア2007年10月

依然、Windows98がインターネットにアクセスしてきていることに驚きを隠せません。既にお伝えした通り、2006年7月にWindows98のサポート期間は終了しています。もちろん、Windows98用のアンチウィルスソフトも新しい脅威には対応できません。そのような状態で自ら危険なネット世界に飛び込まなくてもいいのではないでしょうか。

UbuntuやOpenSUSEが俄かに注目されLinuxのユーザも増えています。そのLinux全ディストリビューションと同じくらいのシェアをWindows98が占めているのは由々しき事。サーバで閲覧拒否してでも、早急に使用を止めてもらったほうがいいとさえ考えてしまいます。

別の角度から見てみましょう。今度は時系列です。

OSシェア時系列2006年10月~2007年10月

Vistaは糞だ!と言われつつも急速な勢いでシェアを伸ばしています。逆に緩やかにWindows 2000/XPが減少しています。これらはまだサポート期間があるにも関わらずです。PC買い替え時にVistaに移行したのでしょうか。

DirectX10対応ゲームが増えれば、また大きくシェアが変わるかもしれませんね。

SeagateのHDD、工場出荷時にウィルス混入

Seagateの「Maxtor Basics Personal Storage 3200」が、「World of Warcraft」などのオンラインゲームのパスワードを盗むウイルスが混入された状態で出荷されていました。

Seagate HDDに混入のウイルス、ネットゲームを標的に (IT media)

ウィルスに感染しているハードディスクをPCに接続するとautorun.infが自動的にghost.pifを起動し、www.nice8.orgと www.we168.orgに強制的に接続してしまうというもので、台湾当局の調べによると台湾で生産された「Maxtor Basics 500G」約1800台がこのウイルスに感染したまま出荷されたと見ている。

遂に新品のHDDも信用できなくなりました。携帯用フラッシュメモリ、ポータブルプレイヤー、HDDビデオ等、全ての媒体が同様の危険性を孕んでいます。現に前年にはサンワサプライのフラッシュメモリにウィルスが混入していました。

サンワサプライ、フラッシュメモリ内蔵カードリーダにウイルス混入の可能性 (Impress Watch)

場合によっては、microSDカードに混入していて携帯電話が乗っ取られ、身に覚えのない多額の請求が来る事だってありえるのです。考えただけでも恐ろしい。

しかも、最近のウィルス対策ソフトは古いウィルスを検出できないものが沢山あるようです。

現代のウイルス対策ソフト、過去のウイルスに対処できず (IT media)

1994年に存在が確認されたウィルスがOSに依存せずに感染力が残っているというのも凄い話です。が、それよりも検出できないのは大問題。撲滅したはずのウィルスが知らず知らずのうちに広まり、それが突然猛威を振るう可能性もあります。

これらの防衛策は2つ。1つはOSの自動起動をOFFにしておく。そして、2つ目はフォーマット済みでも再フォーマットして使用する事。このときはBIOSからローレベルフォーマットをすることをお薦めします。ブートセクターに感染されていると通常フォーマットでは駆除されませんので。

すのこタン。萌えるのに冷却!?

ピュアアルミニウム すのこタン。 (有限会社マルダイ)

すのこです。どこから見ても「すのこ」です。家電の熱を逃がすために開発された純アルミニウムのすのこです。よせばいいのに萌え絵がプリントされてます(笑)

こういう企画をすると、真面目な会社ほど周りの同僚から白い目で見られます。 やっと製品化に漕ぎ着けても、結果を出せないと痛い人で終わってしまいます。マルダイのTOPからリンクしてもらえないのが、会社がどう思っているかの現れです。がんばれ大竹さん!!!

実際の商品は以下のような感じです。大きさはゲーム機サイズであり、結構小さいです。PCを置くには1枚では足りません。ですが、材質、キャラデザ、価格面ではお手頃なのではないでしょうか。今は手作業で作っているそうなので、大量生産に踏み切ってくれれば多少は価格改定が望めるかもしれませんよ。

すのこタン。

私はこれを足の下において自分をクールダウンしたいです。 なんせ、足に敷くのに手頃な大きさですから。

すのこタン。「ぶわっ、汚い足をどけろ!」

あなたの街にも銅線泥棒がいるかもしれない

使わなくなって久しいスキャナが私の手元にありました。接続方法はSCSI。USBが主流の時代には無用の長物です。そこで思いきって不燃ゴミとして出しました。勿体無いと思いつつも、家の整理が出来てスッキリした気分でいました。それが一転、何とも複雑な気持ちへ転落したのです。

収集日の夜に何となく集積所を覗いてみたら、見覚えのある袋。何と私の捨てたスキャナが放置されているではありませんか!近くまで寄って確かめると、未回収理由のシールが一枚添付されていました。

ゴミ袋の種類が違います。x可燃ゴミ→不燃ゴミを使用してください。

私が間違えて可燃ゴミの袋に入れてました。 どうもすいません。こればっかりは私のミスなので文句は言えません。適切な判断が出来る収集スタッフに脱帽です。しかし、問題はこれだけではありませんでした。

一緒に捨てたはずのSCSIケーブルが無い!それも接続端子を残してケーブル部分だけが無い!わざわざ左右の端子をニッパで切った後があるのです。収集スタッフが行ったのでしょうか?

いやいや、恐らくは近頃世を騒がせている銅線泥棒の仕業でしょう。北京オリンピックに伴う中国都市部での建設ラッシュ、これで金属需要が増したのは言うまでもありません。ここ最近では日本人までもが関与しており、全国的に被害が拡大しています。

今回の私のケースでは「ゴミを持って行ってくれたんだからいいだろう」と言う意見もあるでしょう。そこは責めません。問題はゴミを荒らされ集積所が汚れる事にあるのです。

私の出したスキャナは半透明のゴミ袋に入っていました。袋の口をしっかり結んであります。それが、結び目を切られ、整然と並べていた中身がグチャグチャにされていました。今回は軽度でしたが、下手をしたらゴミ袋を再利用出来ないくらいビリビリに破かれていたかもしれません。ゴミ袋だって有料なんですよ!全く迷惑な犯罪です。皆さんもゴミを出すときは銅線泥棒に気をつけてください。

それにしても、銅線って儲かるんでしょうか。せいぜい1kg400円くらい?私がゴミに出したSCSIケーブルは直径2cm、長さ50cm。動作も良好でした。実売価格2000円にはなると思います。確実に売れるけど安い原料、すぐに売れるか不明な高値の中古品、果たして、どちらに軍配が上がるのやら。