「買い物」タグアーカイブ

ハロウィンのジャック・オー・ランタンを作ってみた

ハロウィン用カボチャを買ったので、ジャック・オー・ランタンを作ってみました。用意したカボチャは、売り場の隅っこにひっそりと転がっていた、小ぶりの100円物。この中に1つだけ妙に惹かれる形のものがありました。よく見かけるツルリとした表面ではなく、グロテスクなコブがボコボコと浮いていたのです。お化けに相応しい面白い品種ですよね。ここ数年は日本でもハロウィンイベントが広まりつつあり、ホームセンターでもハロウィン用カボチャを手に入れることができます。

では、くり抜き開始。工具は小学生が木工で扱う汎用小刀を使いました。なぜ小刀を選んだかと言うと、掌と親指で柄をしっかり握れ、刃先の力加減を細かく調節出来るためです。カボチャの硬い皮を削っても怪我をする恐れが減ります。包丁では刃渡りが広く扱いにくいですし、彫刻刀の切り出しでは刃先が短い。一見最適と思えるカッターは、長く伸ばして使うと刃が折れ飛ぶ危険性があります。刃物選びは慎重に行いましょう。

まずは、種をかき出す為に下に丸い穴を開けます。底蓋は後で蝋燭を立てる燭台とするので、原形を留めたまま綺麗に切り取ってください。一気にくり抜こうとせず、輪郭に沿って何回も刃先を突き刺し、徐々に切れ目を繋げていくと上手く行きます。最初の工程で力加減が解らないでしょうが、力いっぱい突き刺さないでください。反対側まで貫通しかねません。ハロウィンのカボチャは中身がリンゴのようにサクサクだからです。皮は多少硬いですが、日本で食用に売られている品種よりも軟らかいです。

底蓋が外れそうなくらい緩んできたら、蓋の隙間から刃先を斜めに入れて中の種を切り離し、蓋を取ります。そして、スプーンでひたすら種をかき出してください。かき出す場所は濡れても良い場所を選びましょう。ハロウィンカボチャは汁気が多いからです。種を取り終わったら綺麗に洗って臭いを取り除いておいてください。

そして、メインとなる目、鼻、口のくり抜き。表情に影響する大切な部分ですので、細かく範囲を区切ってくり抜くこと。例えば、目や鼻であれば、それぞれの中心から徐々に穴を広げていく感じです。とにかく、焦らず、少しずつ削っていくのが完成への近道となります。

小学生以上のお子さんがいらっしゃるご家庭なら、刃物の扱い方を学ぶいい機会ですから、ぜひ親子で楽しんでみてください。

Logicool製品にマルウェア?PowerRegisterの正体

皆さんのPCにPowerReg.datという身に覚えのないファイルが作成されていないでしょうか?Windows XPであれば次の場所にあると思います。

C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Application Data\Leadertech\PowerRegister\PowerReg.dat

Windows VistaやWindows 7なら、こちらの場所を確認してみて下さい。

C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Leadertech\PowerRegister\PowerReg.dat

これは、LeaderTech社のPowerREGISTERという業務用アプリケーションの一部です。ソフトウェアのセットアップ時に製品登録を促し、顧客データ収集率を高めるというもの。要するにユーザ登録代行システムです。マルウェアでは無い(はず)なのでご安心を。

LeaderTech PowerREGISTER (LeaderTech)

しかし、ユーザの気付かないうちにファイルを書き込み、レジストリにデータを登録することから、世界中のフォーラムで不審物扱いを受けています。インストールされたソフトの動作に不要な存在ですから尚更です。ファイルを丸ごと削除しても問題ありません。また、レジストリの操作に自信がある人は次のエントリーも消してしまうのがいいでしょう。

HKEY_CURRENT_USER\Software\LeaderTech

更に、[スタートボタン]-[スタートアップ]を確認して下さい。"Logicool-製品の登録"と言う項目が追加されていれば、それはPCの再起動毎にユーザ登録を促そうと、Logicoolが仕掛けたPowerRegisterの実行コードです(再登録画面自体は未確認)。

スタートアップに追加されたLogicool-製品の登録

これがスタートアップに登録されている限り、何度でもPowerReg,datとレジストリ項目は蘇って来ます。スタートアップから削除しておくといいでしょう。

このスタートアップショートカットのコマンドを見ると次のように書かれていました。

"C:\Program Files (x86)\Common Files\LogiShrd\eReg\SetPoint\eReg.exe" /remind /language=JPN /_WFM="."

つまり、PowerRegister本体はeRegフォルダ以下に存在します。前述のようにスタートアップから登録解除しておけば、今後起動することはないと思いますが、心配なら本体も削除してしまいましょう。但し、ドライバの実行に悪影響があるかもしれないので、慎重に判断して下さい。

さて、混入経路ですが、私が確認したのは唯1つ。LogicoolのマウスドライバSetPointからでした。LeaderTech社とLogicoolの本社Logitech、両社は紛らわしいほど名前が似ているため、気づかない人が多いかもしれません。残念なことに、2009年8月現在、日本公式サイトからダウンロードしたドライバにもPowerRegisterが採用されてしまいました。ドライバの新規インストール、自動アップデート双方で強制インストールされます。しかも、ドライバをアンインストールしてもスタートアップに登録されたままでした。

LeaderTech社が信用できない。不要ファイルを勝手に作られるのは気持ち悪い。そんな想いを抱いてる方は、この記事を参考にPowerRegisterの削除を実践してみて下さい。

まなびストレート!天宮学美&稲森光香フィギュアが可愛過ぎる件

アマゾンでトイズワークス製のフィギュア「がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 天宮学美&稲森光香 紺スク Ver.」が、只今ほぼ半額になっています。そんなわけで買ってしまいましたっ。

そして、届いた頃に半額以下になりました。なんてこったい。ギリギリまで粘って安くなるのを待つか在庫切れになって泣くか、これを機に買おうと思っている人には究極の選択となっております。

さて、このフィギュアの造型についてですが、アニメに忠実で申し分ない完成度だと思います。似てるかどうかの決め手になる顔も、二人の表情や雰囲気を上手く捉えていて、かわいく仕上がっています。体型やポーズもまなび「らしさ」が出ていました。ただ、残念な事にアニメでの特徴である髪のグラデーションが少々物足りない感じ。申し訳程度に毛先にブラシがかかっている程度でした。ここはもっと思い切って吹いてもよかったと思います。

大きさは全高13.5cm。通常の1/8モデルに相当します。20cm近い1/6モデルが主流ですが、日本の狭い住宅事情では、このくらいが丁度いいです。邪魔にならず小さすぎず、と言ったところ。

また、パッケージは前後左右の四方が透明になっており、ブリスターパックを開けなくても楽しめるようになっています。小さな事でもありがたい気遣いです。もちろん、箱から出さなければスカートは脱がせられませんけどね。

フィギュアに増産はありません。これが最安値で新品が手に入る最後のチャンス。今回は二種類揃えるかどうかが一番の悩みになるかも?

リズム風のある扇風機、身体に負担が少なくオススメ

最近の扇風機、買うならどんなものを選べば良いか、価格と機能面で一番お得感が得られる均衡点を探ってみました。

では、手始めに最近の扇風機には、どのような機能が備わっているか調べてみましょう。

  • 風量調節
  • 首振り
  • タイマー
  • リモコン
  • リズム風(1/fゆらぎ風)
  • おやすみ風
  • マイナスイオン

以上、主なものを6つを上げてみました。上から順番に検討していきましょう。

風量調節、首振り、タイマーは大抵の機種は全て揃っています。揃って無いと不便です。

リモコンはあると非常に便利。熱い中、移動する手間が省けます。

ここで今回の本題のリズム風。これは健康に配慮して、気持ちのいい自然の風を再現してくれる機能。木陰で肌に感じる凪いだ風を演出してくれます。これにより長時間使用していても気分が悪くなる事は減ります。リズム風には2種類あり、常に一定の周期で強弱をつけるタイプ、1/fゆらぎ理論によりランダムに近い風を送るタイプが存在しています。後者の方がより自然の風に近くなりますが、名称的に似非科学の域を出ておらず胡散臭いですね。

おやすみ風は時間とともに風量を減らしていく機能。睡眠が深くなるにつれ、風が緩やかになるようにしてくれます。上記リズム風とタイマーが、この機能と連携することもあります。睡眠時に扇風機の風を直に当てていると体温が下がり、疲労で死亡する場合があります。この機能で不安も和らぐことでしょう。

マイナスイオンは直接的な恩恵がイマイチ不明。無くてもいいです。

さて、機能面を調べたら価格調査です。上記機能の内、マイナスイオン以外が搭載されている機種の価格をざっと調べました。安いものだと2000円代からあります。しかし、安かろう悪かろうで材質、機能に不安が残ります。特にリズム風が備わっていても一定周期のものが多いです。高いものだと7000円以上する機種もあります。ここまでくると、しっかりしたものが手に入りますが高すぎかもしれません。

そんなわけで、結論として4000円~6000円が機能と価格の双方でお得感が得られるベストかと思われます。この感覚は個人差もあるので相場程度に考えてください。

古い扇風機は発火の恐れあり

30年以上前の三洋製扇風機で火災24件、死者も2人 (読売新聞)

三洋電機は23日、東京都足立区で20日に発生し、80代の夫婦2人が死亡した住宅火災の火元が、1970年の同社製扇風機「EF―6EZ」だったと発表した。

東京消防庁の調査で判明した。

三洋によると、他の品番を含め、製造から30年以上たった同社製扇風機が原因とみられる火災は2000年からこれまで24件あり、足立区の火災を含め2人が死亡、2人が軽いやけどを負っているという。

三洋は、30年以上前に製造され、現在使われている扇風機約100機種の使用中止を呼びかける。

2件の負傷事故は同型の扇風機で00年9月と06年7月に起きた。三洋はけがのなかったケースも含め経済産業省にすべての事故を報告したものの、公表していなかった。

扇風機は15年程度の使用を想定して設計されている。長期間使用すると、モーターなどの劣化により発煙や発火の恐れがある。

使用中止を呼びかける扇風機の品番は25日朝までに同社のホームページ、25日付の主要新聞に掲載する。30年以上前に製造された三洋製品は約670万台あり、このうち現在でも使用されているのは6000~7000台とみられる。問い合わせ先は「扇風機相談室」((電)0120・34・0979)。三洋は「新日本電気(現・NEC)」「ゼネラル(現・富士通ゼネラル」ブランドの一部扇風機も生産しており、両ブランドの製品についても相談に応じる。

三洋電機が使用中止を呼びかける扇風機の品番は以下の通り。

EF―6NZ、EF―6NZY、EF―8EF、EF―6DZ、EF―6DA、EF―6HJ、EF―6EZ、EF―6YA。NECブランドはNF―30RL、NF―30RD。富士通ゼネラルブランドはEF―613。このほか、火災の火元となったが機種不明のケースが3件ある。

我が家にも30年以上現役の扇風機があります。今は無きダイヤル式ツマミで風力を調節するタイプ。今のところ異常音も煙も見られないので、まだまだ使えるとは思うのですが。

昔の扇風機には最近の機種には無い魅力があります。それは、総金属で耐久性も重量も十分にあること。何回も倒れてますが壊れる気配がありません。